開発実績

事例 - 03

プロジェクト名

情報サービス業様 向け
企業公開情報の編集システム IFカスタマイズプロジェクト

事例ポイント

インタフェース対応と併せて、システム利用者の業務効率化も実践

アジャイル開発を用い、短納期に対応

既存の業務フローを踏襲しつつ、業務の負荷を軽減

業種 情報サービス
業務範囲 既存システムの調査および要件定義〜設計・開発・テスト全般、リリース後の運用支援
環境 サーバー OS Windows Server 2008 R2、Red Hat Enterprise Linux 6
DB MySql
ミドルウエア等 ---
クライアント OS Windows7
開発言語 C# .NET
その他 ---

導入の背景

新たなインタフェースに対応できない既存システム
インタフェース対応と併せて、システム利用者の業務効率化も実践

同社では各種企業公開情報を収集し、その情報を同システムを介しチェックおよび加工を行い、関連先へインタフェースしていましたが、新たに設けられたインタフェース先に対して、チェック内容、加工内容への対応が生じていました。
そこで当社では、新たなインタフェース先に対応できるよう既存システムをカスタマイズするとともに、かねてから課題であったシステム利用者の業務効率化へも対応しました。

プロジェクト概要

短納期でインタフェース先の要望をも含めたカスタマイズを実現しました

インタフェース先でのシステム開発も並行しており、日々要件の変更が発生、かつ短納期でのサービスインも求められました。
そこで、迅速かつ柔軟に対応することを最優先と考え、アジャイル手法を用い日々発生する要望を取り込みながら、双方の摺り合わせを実施することにより、最終的には齟齬のないシステムを納期に遅れることなく納品することができました。

導入後の効果

既存の業務フローを踏襲しつつ、業務の負荷を軽減

既存システムに対しては、インタフェース対応と画面のユーザビリティ向上に留め、今まで手作業で行っていた業務に対しては、システム外でツールを活用しました。
ツールについては、お客様にもとっても馴染みが深く、操作面での習熟を軽減できるようExcelを活用しました。
これにより、既存の業務フローを変更することなく、今まで負荷がかかっていた業務に対しては軽減を実現することができました。